2012年01月14日

スープスプーンと西村佳哲さんの言葉

stRIMG0134.JPG

昨年の秋、ちょうどスープスプーンの販売を始める直前

「スープスプーンはありませんか」とメールが入りました。

後日、そのお客様から感想が届きました。

「まず、美しい木目に見惚れました。昨夜は、スープを作って、スプーンを使いましたが、なめらかな舌触りに嬉しくなりました。そして、ひとすくいで口に入るスープの量がベストでした。持ち手のカーブも、ちょうど親指が窪みに当たるように出来ていて、とても使いやすよくよく計算され尽くされたスープスプーンだと・・感心しました。」
埼玉県・Y様

これは、スプーンの生地を作った甲斐さんと、漆の東谷さんのコンビネーションによる仕事です。

働き方研究家の西村佳哲さんが、こんなことを言っています。

「デザイン力を身に付けるための一番の近道は、身のまわりにあるデザインに気付くこと。階段の滑り止め一つ、ドアノブ一つ、自然に使えるように、さまざまな工夫がほどこされていることに気付く。無数の気遣いに囲まれて生活していることが分かれば、周りのものがすごく豊かに見えてくる」

このお客様には、道具にされているさまざまな工夫によく気付くことができる方で、その分豊かさの中で生活をされているのですね。

林まさみつ
posted by えあまスタッフ at 20:35| Comment(0) | お客様の声2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月20日

お客さまの声

No.7
・魚が好きなのですが、このお箸は、先の細さが、魚をさばくのにとても
具合がいいので家族で気にいって使っています。
(04-F22国産漆箸について、大分 Mさま)

No.8
・材料も、塗料も日本産で、製造も日本のものを探していました。
やっとみつけました。
(02ベビースプーンについて 大分 Oさま)
posted by えあまスタッフ at 23:27| Comment(0) | お客様の声2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月21日

お客様の声

No.5
・「ビニールの袋をあけてお箸を出した瞬間、あまりに上品な肌触りに、とっても驚きました。個人的に一番感心した点は、重さと握った太さです。こんなに手にしっくりくる箸を持つは初めてのような気が致します。(略) 長靴をはいた猫を使うようになって、口へ運ぶ動作が丁寧になりつつあります。食事の時間がとても楽しくなりました。」
(04国産漆箸G-24とA-22について 北海道・U.Sさま)

No.6
・「きれい!しかも安全。しかも竹!商品として紹介するのに探し求めていたお箸に巡り会えて嬉しいです。」
(熊本・K店さま)
posted by えあまスタッフ at 11:43| Comment(0) | お客様の声2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。